読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DAI-SONのアレやコレやソレ

創作ライトノベル、「ハーミット」「愚者の弾丸」を掲載。「ハーミット2」連載中。不定期更新です。

「ハーミット2」 ACT.0 予兆

あらすじ

未来の世界からの差し金によって起きた、壮絶な超能力者同士のぶつかり合い、"アルカナバトル"を終えた藤原千代(ふじわらちよ)は、その秋から陸上部のマネージャーになり、春には、愉快な後輩たちを迎えた。
マネージャーになりたての頃にはよそよそしくしていた先輩たちとも、もうすっかり仲良くなり、こっちが弄る側になっているくらいだ。
だが、彼女は見ざるを得なかった。
次々と芽生えて行く新しい能力者と、それを狙う者の存在を…

2020年5月1日(金曜日)

藤原千代、その女は、授業を真面目に受けない。
紫色のボブヘアに暗い瞳、太い眉毛が地味さを際立たせる。とりわけ美人でもなく、胸は大きいが、それだけだ。肩が凝ってしょうがない。
見てくれは、肉が多くついているだけの、どこにでもいる地味ーズな女子高生だ。
性格は真面目な方だが、彼女にとって教師の教え方などリスニングCDにも劣る。
家に帰った後、教師が教えるよりも効率のよい自習を行うことで好成績を保つという、奇策とも言える習慣を、今も続けている。
故に授業中は、彼女の持っている超能力──気配を消す能力を悪用して、スマートフォンで遊んだり、LINEで連絡を取ったりしている。

だいたいLINEの相手は、隣のクラスの親友、小鳥遊枷檻(たかなしかおり)。
今は落ち着いているものの、元々はいっぱしの不良だった女だ。
アルカナバトルの時に千代と無二の親友になり、喧嘩ばかりしていた一匹狼の彼女は消えてなくなった。
真面目なはずもなく、こそこそ教師の目を盗んではちょっかいをかけてくる。
ある意味、こっちの方が正攻法である。
見た目はというと、傷んだ金髪をポニーテールにしている、普通の女子高生だ。
もともとはおさげにしていたが、ある人に似合わないと言われて以降、律儀にポニーテールにしている。目の下にはいつでもクマがあり、美形の顔のはずなのに、厳つくなっている。
しかしながら、こんなやつでも財閥の一人娘なのだから、油断ならない。

枷檻『小杉マンの頭、また光った』
千代『あ、国語なんだ』
枷檻『現代文』
千代『同じようなもんでしょ』
枷檻『ちげーよ(`Δ´)後でノート写させろ』
千代『それは摩利華ちゃんに頼んで』
枷檻『はいはい』

足をぶらぶらさせながら、学生らしい、下らない会話をする。
こんな下らない会話をするために、海底にケーブルが敷かれたのかと思うと、珊瑚や海草がいたたまれない。

通知が途切れた。
先生に見つかったのだろうか。

枷檻『niconico.mn425586/****/ne.jp』

急に、動画のURLが貼られる。

千代『なにこれ』
枷檻『不味いことが起きた』
千代『家バレ?』
枷檻『からかってなんかいない。マジだ。とにかく見てくえr』

よほど焦って打ったのか、語尾が誤字になっていた。

枷檻『私たちが、一番恐れていた事態だ』

URLを開く。
音声ミュートで映像のみが再生される。
ニュース画面だった。
そこには─────

『緊急速報‼バイパスの狂気再び 第四の事件 魔力(まか)荒らし 被害者3名』

千代『コラじゃない?』
枷檻『んなわけないだろ
掲示板もこの話で持ちきりだ
オカルトスレのURLがタイムラインにごっそり流れてきてウザイ』
目を疑った。
千代『アルカナバトルは、終わったはずだよね』
枷檻『それはお前が一番解ってるだろ』
千代『冬の事件の続き?』
枷檻『別件だろ、凶器が違う』

ニュースのテロップによると、
『狙われたのは、超能力を持っているとされていた、または自称していた人間』
『凶器はスコップ 背中に突き刺した痕跡 しかし、周辺には見つからず』
『魔力(まりょく)と墓荒らしをかけて魔力(まか)荒らし』

枷檻『だいたい、冬の事件の犯人は逮捕されてるだろ』
千代『たしかに』
言葉を交わしながらも彼女はまだ信じられずにいた。
超能力での大きな争いは終わったはずだ。
そう、思い込んでいた。

枷檻『とりあえず今日は陸上部に摩利華も連れてきてくれ
話が長引くようなら、泊まりに行くべきだ』
千代『了解』

スマートフォンをスリープさせる。
今、思い返してみれば、予兆はあったのだ。
『"超能力の氾濫"』
ときどき、まことしやかに噂されていた事象だ。
アルカナバトル以前から、テレビのコメンテーターが馬鹿みたいに口にしていた言葉。
しかし、今はリアリティーを帯びている恐ろしい言葉。
アルカナバトルを終えてから、超能力を信じる人が増え、既存、新規問わず数々の超能力と思わしき現象が観測された。
アルカナバトルの時の映像や写真が流出したとき、そこに、本来なら見えないものが見えてしまったせいで、才能を自覚する人が増えてしまったのだ。
自分達の住まう、この最凝町に限定しても、意図的なポルターガイストが、今年に入って少なくとも12件挙げられている。(これは千代たちの調査で、非公認である)
国は、脅威を感じ、超能力調査委員会を立ち上げ、全国各地へ調査に当たっているが、まだサンプルが足りず、全容解明には至っていない。
強力な超能力者が出ているにも関わらず、委員会には能力者の人手が足りず、世の中は混迷している。

しかし、何故この町なのだろうか?
たしかに、この超能力騒ぎの発端になったとも言えなくもない。
だが、ここにばかり超能力者が集まっているというわけでもない。
アルカナバトルの時のように、なにか景品が掲げられているわけではない訳だから、こんな物騒な騒ぎが起きた町で殺人を行う必要性など無いのだ。

千代「止めなくちゃ…」

放課後、同じクラスの親友、亜万宮摩利華(あまみやまりか)を連れ、陸上部の部室へ向かった。

…摩利華は、アルカナバトルの時に仲良くなったお嬢様だ。この旋風高校で付き合いたい女子ナンバーワンで、どんなお堅い男でも、一瞬で虜になるスーパーマドンナだ。ぱっつんの前髪に、絹のようにさらさらな長い髪の先端をくくり、左右の巨大な乳房を覆うように置かれている。おっとりした性格と顔立ちはまさに清楚の肖像で、優雅な落ち着きをもった雰囲気を振り撒く様は、歩くアロマキャンドルである。"立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花"のことわざをそのまま人間にしたような大和撫子で、ナンパするのもおこがましいほどの高嶺の花である。しかし、その実態は男子の期待をことごとく裏切るもので、彼女は生粋のレズビアン、同性愛者なのだ。花嫁修行も、芸の稽古も、すべては麗しの乙女と二人で暮らすためのもの。しかも、彼女は千代を溺愛していて、四六時中愛があふれでている始末。匂いフェチで、幾度となく千代の下着を盗もうとしたり、欲求不満になり、思わず後輩に手を出そうとしたりした、女にだらしのない女なのであった。

部室では、後輩たちが、事件など意に介していないと言わんばかりに、元気に入り乱れている。
榎「藤原先輩、亜万宮先輩、こんにちは。」
桜倉「お疲れ様です。」
セイラ「こんちわっス。」
真姫「こんにちは。」
千代「うん、みんないるね。」
この四人は一年生組だ。
まず、後藤榎(ごとうえのき)。
へにゃっとした癒し系の笑顔が特徴で、千代にすごくなついている。
ダイエットのために陸上部に入ったものの、実際、劇的に太っているわけではないため、痩せたためしがない。
ピンク色の髪は、千代から見て右上に紫のシュシュで留められたお団子、左下には残り髪が束ねられており、はち切れんばかりの胸、脂肪で肉感がました、むちむちとした尻や脚。
普通なら、男子に人気があってもいいと思われる、ハイスペック童貞殺しだが、それ以上に、学年の枠を越えてモテまくっているのが自分の隣にいる亜万宮摩利華という女なのだから、環境が悪いとつくづく思う。
食いしん坊だが、ダイエットのために耐えている。(あまり耐えられていない)
続いて、釜持桜倉(かまもちさくら)。
ダイエットを諦めているデブで、一年生のマネージャー。一年生のオカン的な存在で、栄養士を目指しているらしい。割烹着姿が違和感なくスッと浮かぶ。
一年生組がうまくまとまらないときは、彼女に一旦情報を預けておいて、必要なときに出してもらっているため、有用な人材である。
料理が上手いらしく、グルメにも詳しいため、榎が痩せられない原因にもなっている。薄い茶髪で、波がかっている。
お次は、龍門真姫(りゅうもんまひめ)。
彼女には超能力の才能があるのか、髪を結ぶと、鋭くなる性質がある。
真紅の髪の毛はハサミのようになっていて、風が吹いても、あまりなびかない。
くりくりっとした大きな瞳が特徴的で、鼻の頭辺りのそばかすが無邪気さを表している。
背は低めで、その姿は小動物を思わせる。
マスコットやアイドル的な存在になっているが、実家は道場で、実際彼女も教えを受けており、立派な格闘家だ。1対複数でも怯まず叩きのめす実力がある。
しかし、本人はパティシエを目指しており、時折自作のお菓子を持ち込んで、榎のダイエットの密かな敵となっている。
負けず嫌いで、勝負事に巻き込むと、少々面倒になる。
最後に、田島・セイラ・文(たじませいらふみ)。
アメリカ人の母親と、日本人の父親から産まれたハーフ。
スレンダーな体型に、強靭な脚部がのびているのが特徴で、その見た目に違わぬ陸上選手である。
スポーツ特待生として入ってきたキングオブルーキーで、オリンピック候補生にも抜擢される実力者である。
紺色の髪をツインテールにしていて、黒目にはいつも、謎の技術で星が輝いている。
チャラチャラしているギャル体質で、枷檻とは馬が合うようだ。
陸上部にもっと仲間が増えることを望んでいるらしい。

榎「先輩、顔色悪いですよ?」
心配そうに千代の顔を覗き込んでくる。
千代「うん…タイムライン見たでしょ?」
榎はうんうん、と頷く。
桜倉「酷い事件ですよね、あれ。
なんでも、スコップでひと突きされただけなのに、骨まで砕けてるとか。」
千代「私、あの事件を止めたいんだ。
きっと普通の殺人じゃなくて、超能力による殺人のはずだから…。」
重い空気を察知して、後輩たちはパイプ椅子をかき集めて座る。
今週は、他校とのゴールデンウィーク合同合宿のために3年生組がおらず、ぎゅうぎゅうになってテーブルを囲うことはなかった。
セイラ「また、"探偵ごっこ"ッスか?」
千代「うん。」
ここ最近、超能力による強盗や強姦が増えている。
それを、警察にはない視点で調べていき、解決するのが、"探偵ごっこ"だ。
『この町を、超能力から守りたい』
そんな千代の気持ちに応えてくれた陸上部員が始めたこと。
言わば彼女らは、『超能力レジスタンス』なのだ。

摩利華もパイプ椅子を広げて、隅っこに座った頃に、枷檻も部室に入ってくる。
枷檻「スマン、遅くなった。」
千代「気にしなくていいよ。これで全員だね。」
千代はホワイトボードを引っ張って、その前に立つ。
近い予定や落書きを大雑把に消して、マーカーを握った。
セイラ「私たちにも"超能力"があれば、もっと楽なのによー。」
千代はホワイトボードに『マカアラシ情報収集経過報告』と書いた。
千代「馬鹿言わないで。超能力なんて、存在しない方がよかったんだ。
武器っていうのは、守るために作られて、壊すために使われるんだから。
ダイナマイトみたいなものだよ。」

枷檻「今ある情報は、『スコップで作られた傷から見て、身長は常人並み』、『スコップを使う能力か、四次元及び十一次元的な能力』、『能力者に対して何らかの執着がある』ってだけか。」
ホワイトボードには、それらの文が箇条書きになっている。
千代「まぁ、事件が報道されて1日も経ってないわけだから、いい方でしょ。」
摩利華「今後はどうしますの?」
千代「いつもと同じだよ。手に負える範囲なら、みんなでなんとかするし、手に負えなければ、枷檻ちゃんのお父さんを通じて、国に連絡をとってもらう。」
セイラ「オーキードーキー。」
榎「早く捕まるといいねー。」
セイラ「お前もやるんだよ。」
榎「いてっ」
無気力にテーブルに肘をついている榎をひっぱたく。
千代「それから、今回はいつもみたいなコソドロや痴漢とは訳が違うから、無理はしないこと。いいね。」
真姫「わかりましたー。」
一年生がわらわらと席をたち、部室をあとにする。
千代「あと、当たり前だけど、今日は練習無しだから。ていうか、全部の部活、自主的にそうしてるらしいし。物騒だからね。」
榎「うわーい。ヒメちゃん、ゲーセン行こー」
真姫「もうちょっと危機感持たないとダメだよ。」
榎「ええー?」
盛り上がる一年生組の声が遠くなり、二年生組だけが残る。
千代「一年生組は、超能力の才能すらないからなぁ…今回はあまり指示は飛ばさないでおこう。」
超能力は超能力を持った人間にしか見えない。
そのせいで、無能力者にとっては、ポルターガイストにしか見えないのだ。
一年生組には超能力も、その才能もないため、物理的な捜査しか行えないのだ。
摩利華「千代ちゃん。」
パイプ椅子から立ち上がり、千代の手を握る。
摩利華「貴女だって、もう、パワーは普通の人間なのだから、無理しないでほしいですわ。」
千代「……わかってる。」
そうは言いつつも、彼女はぶちギレると止められなくなるタイプだ。変なところで頑固で、決めたら利かないところがある。
それをわかっている枷檻は小さくため息をつく。
枷檻「些細なことでも、遠慮なく財閥(うち)のチカラに頼れよ。財閥も、超能力をもつ反犯罪組織を作ろうと画策している。私たちはそのプロトタイプだ。どんな支援が有効か、確かめる必要がある。」
千代「ありがとう。」
枷檻「バッキャロゥ、この町の未来像がお前にかかってるんだ。礼を言いたいのはこっちの方だ。」
吐き捨てるように言いながら、部室をあとにする。
摩利華「では、私たちも帰りましょうか。暗くなる前に。」
千代「うん。」

千代は家に帰ると自室のハンガーラックに手をかけた。
おしゃれに無関心で無頓着なために、あまり多くはない服を1枚ずつ繰って行く。
そして、目的のものを見つけた。
それは、黒いマントだった。
スペアとして用意していたもののため、あまり汚れはいなかった。
千代「二度と…二度と着ることなんてないって…思ってた。」
マントを抱き寄せ、呟く。
千代「お願い、番長ちゃん。勇気を貸して。」
f:id:DAI-SON:20160714115817j:plain

「愚者の弾丸」 アフターストーリー 老人と少女の結末

歪曲して、世界の狭間に呑まれて行く番長を見送った四人。
サクリファイス「終わったんだな。」
跡形もなくなって、元からそこになにもなかったかのように風景は広がっている。
ミツクビ「偶然かしらないけど、カインドみたいなところにたどり着いちゃったニャン。」
崖の下に広がる穏やかな町には、妖精たちがせっせと花の世話をしているのが遠巻きに見える。
サクリファイス「とりあえずは、ここが安住の地ってことでよさそうだ。」
コッパの手下が通ったルートを使って、町に降りられそうな場所を探す。
マリン「これからはどうするの? 」
ちょこちょことついて行きながら尋ねる。
サクリファイス「ムカつく奴が出るまで、のんびり暮らそうと思うよ。」
ミツクビ「ミィもそうするかニャー。」
すっかり緊張感のない声で呑気なことを言う。
サクリファイス「それに」
急に立ち止まったせいで、マリンはサクリファイスの背中にぶつかる。
サクリファイス「団長がいなくなったから、自警団は解散だしな。何か、不特定のものを守る戦いは、もうしないさ。仲間が傷つけば、やり返すがよ。」
そう笑いかけながら、マリンの頭を撫でた。
多少不満な顔だったが、いやがりはしなかった。
マリン「おじいさんは? 」
無邪気な問いかけがブリンクの方にも向く。
ブリンク「誠に申し訳ありませんが、皆様に謝らなければならないことがあります。」
サクリファイス「ん? なんだよ。」
少し先を行っていたミツクビも振り向き、立ち止まる。
ブリンク「私は、実はれっきとした目的があって、あなた方についていっていたのです。」
ミツクビ「ええー!! 」
マリン「ふーん。」
サクリファイス「そうなのか? 」
驚く様は三者三様だったが、けっして怒ってはいなかった。
ブリンク「おや、てっきり怒鳴られるかな、と思ったのですが。」
悪びれて笑うブリンク。
サクリファイス「今更だろ。邪魔をされた訳でもないんだから。」
淡白な返事だった。
本心からそう思っていないと出ないような、そんなものだった。
サクリファイス「で、その目的ってなんだ?」
再び歩き出しながら、暇潰し程度に聞き返す。
ブリンク「実は、私は星の戦士の正体を知っているのです。」
ミツクビ「ニャニャ、知り合いだったのかニャン? 」
ブリンク「ええ、ここに墜ちて来てからずいぶんたちますから、大部前の話ですがね。」
サクリファイス「その時は生き返る方法を教えてもらわなかったのか? 」
ブリンク「いえ、逆ですよ。彼も生き返る方法を探して旅を始めたのです。」
サクリファイス「だから、今は関わりがないってことか。」
ブリンク「ええ。生き返る方法があると言う噂は以前からあったものですからね。しかし、当時は100人殺せば、なんてはっきりとした情報もありませんでしたから、明確な情報を手にいれるために旅に出たのです。」
サクリファイス「ふうん、じゃあ、番長が確実に生き返る方法を知る確証があったってことか。」
ブリンク「そうなりますね。だからこそ、協力を惜しまなかったところもあります。」
サクリファイス「そっか~。」
ミツクビ「って、ちょっと待ってニャン。」
さっきまで話半分といった顔をしていた彼女が、突如聞き返す。
ミツクビ「じゃあ、なんでマリンが必要なのニャン? 」
サクリファイス「たしかに、言われてみれば。
パラレルを殺すために強力な戦力が欲しいなら、他のやつでもいいのに。」
ブリンク「その答えは、生き返る方法にありました。元々は、星の戦士の噂を聞いたとき、よくないことをたくらんでいるのではないか、と思っていたのですが、探していたマリンさんが、"以前見たことのあるマリン"と違ったので、直接会って目的を訊かなくてはならないと思ったのです。そして、たった先程、パラレルを殺せば生きて帰れるという答えを知って、納得しましたよ。」
サクリファイス「星の戦士のもとにいるはずのマリンの蘇生、ということか。」
マリン「じゃあ、私、殺されるの? 」
怯えた顔になるマリン。
だが、ブリンクは首を横に振る。
ブリンク「少し違います。なぜ、というのは、私たちの正体を知ったらわかるでしょう。」
サクリファイス「なんだよ。勿体ぶるなよ。マリンが怯えてるじゃねぇか。」
ブリンク「……言えば、マリンさんが複雑な気分になると思って、その場につくまで言わないでおこうかと思ったのですが、それもそれでモヤモヤしてしまいますな。」
ブリンクは、マリンの方に目を合わせた。
マリン「……教えて。」
怖いけど、ここまで来たんだ、と腹をくくる。
ブリンク「わかりました。」
立ち止まり、静かに息を整え、話始める。
ブリンク「星の戦士とは、マリンさん…あなたの父親のことなのです。そして、私はそのパラレル。彼は手元にいる私の娘と、この私をそれぞれ対応したあなたと彼によって葬ることで、そろって生きて帰ろうとしているのです。」
マリン「……パパ? パパがそんなこと…。」
目を泳がせて、ワンピースの裾をつかんでもじもじとしてしまう。
ミツクビはやさしくその肩を抱く。
ブリンク「彼は、あなたが死んだあと、敗戦した街の地下で、科学研究に没頭したそうです。もちろん、あなたをよみがえらせるために。」
サクリファイス「自分のために死んでしまった罪悪感からか…。」
ブリンク「しかし、作り上げたクローン技術は、生きている細胞を持っていなければ実行することが出来なかったのです。その頃には、あなたの遺体は当然骨だけになってしまっていました。
クローン技術は、後に始まった、セカンドアースによる植民星化侵略計画に対抗する兵士を作り出す兵器として使われることになってしまいました。
彼は、仇なす星に対抗する、彼らの"星の戦士"という、皮肉にみちた名誉を与えられたのです。
死んでしまったあと、紛争の時に勝利したパラレルである私に出会い、あのとき家に逃げ帰ったのがそもそもダメだったのか、と嘆く彼を励ましました。そのころは、お互い仲も良かったのですが、蘇る方法があると聞くや否や、人が変わったようにそれを追い始めたのです。」
サクリファイス「それで、今に至るわけだ。」
ブリンク「ええ…。なので、私は、彼を止めにいかなくてはならないのです。私の娘を救いたいですし、彼が蘇ったところで、きっとまた過ちを犯してしまう。死を受け入れられない人間が、安易に蘇ってはいけないんです。そしてなにより…。」
瞳を閉じて、優しい声になる。
ブリンク「マリンさんに人殺しなど、もうしてほしくないのです。」
マリン「私もッ」
言葉につまりそうになるが、たくさんの言葉が、仲間を繋げているという想いで、言葉を続ける。
マリン「私も、パパを止めたい。」
ブリンク「…では、共に参りましょう。」
マリンの手をとるブリンク。
その手に、さらに二人の手が重なる。
サクリファイス「俺も行くぜ。」
ミツクビ「ミィもいるニャン。」
ブリンク「いいのですか? 巻き込んでしまって。」
驚きはした、だが、それは要らぬ確認だった。
サクリファイス「みずくせぇこと言うなよ。仲間ってそういうもんだろ? 」
ミツクビ「せっかくなら、最後まで付き合うニャン。聞いて放っておくのもモヤモヤだしニャン。」
ブリンク「ふふ、それではいきましょう。最後の戦いへ。」
マリン「いや、戦いにならない方がいいよ…。」
それもそうだな。と、気さくな笑いが起きた。

町に降りると、カインドに居たような優しげな好青年や町娘が出迎えてくれた。
妖精とじゃれあったりしているのどかな風景の中に、本当に星の戦士が居るのか不安になったが、杞憂だった。
ひとつだけ、妖精の寄り付かない家屋があった。
自然と、人さえも遠ざけていて不気味だった。
ブリンク「行きますよ。」
ミツクビ「いつでもオーライ!! ニャン。」
扉を開けると、眼鏡をかけている、痩せこけた白衣の男性が、椅子に腰かけていた。
白いテーブルには冷めかけた紅茶が残っている。
それに手をかけようとしていたところだった。
だが、マリンを見つけるなり、顔がほころんだ。
星の戦士「あぁ…マリン。」
マリン「パパ…。」
マリンは無防備に駆け寄り、彼のそばに寄る。
彼はそんなマリンの頭を、微笑みながら優しく撫でる。
星の戦士「おかえりなさい。」
こうしてみると、単なるほほえましい親子だ。
だが、ブリンクの存在を確認すると、彼の顔から笑いが消えた。
星の戦士「来てくれると思っていたよ。」
ブリンク「そうですか、呼ばれた覚えはありませんがね。」
憶さずに言葉を返す。
星の戦士「では、約束通り、生き返る方法を教えよう。」
サクリファイス「パラレルの存在を消しゃいいんだろ。知ってるぜ。」
星の戦士「!!? なぜ、なぜ知っている? 」
サクリファイス「知っている人間がお前だけじゃなかったって事だよ。」
星の戦士「そうか…。」
彼は、残っていた紅茶を飲み干す。
星の戦士「お前も、生き返りたいと思ったのか? 」
ブリンク「いえ。」
嫌な意味で予想外、という顔でカップをコースターに戻す。
星の戦士「殺されに来てくれたわけでも無いだろう。」
ブリンク「ええ。」
星の戦士は、怒りを噛み殺し、薬指と親指でこめかみを押さえるように眼鏡の位置を直す。
星の戦士「なぜ、邪魔をする。」
ブリンク「あなたは、あなたの幸せしか考えていないからです。」
星の戦士は、カップの置かれているテーブルに拳を叩きつける。
星の戦士「いいや、違う。幼くして死んでしまったマリンのためだ、そして、私はそれを守らなくてはならない。」
ミツクビは腰を低くして戦闘体制に入ろうとするが、サクリファイスは手を突き出してそれをたしなめた。
ブリンク「わからないのですかッ!!? それはあなたの自己満足に過ぎないのです!! 」
星の戦士「そんなことはない!! 」
ミツクビ「なんでそう言い切れるニャン!! マリンに何も訊いてないくせにッ!! 」
星の戦士「…ッ!! 」
星の戦士は立ち上がる。
そんな彼の腕に、マリンは抱きつく。
マリン「やめてパパ…。パパが殺しをしているところなんて、見たくない…。 」
彼は苦しげな顔になる、だが、震える声で返す。
星の戦士「じゃあ、目を閉じていなさい。パパはね、紛争でいくつもの命を亡きものにしていったんだ。あのときにも話しただろう。」
そう言って振り払おうとする彼の腕に、彼女は必死でしがみついた!!
マリン「そんなパパが大嫌いだったから言ってるんでしょ!! 」
それは、勇気を振り絞った魂の叫びだった。
星の戦士「マリン、お前、生き返りたく無いのか? 」
部屋の隅に、不意に大きな筒のような、柱のような者が現れる。
ブリンク「ああ、なんてことを…。」
それは、ファンタジーによくある、人体培養装置だった。
クローン技術を作り上げた彼への皮肉とも思われるその貌。
その中には、ブリンクのパラレルのマリンが入っていた。
星の戦士「ここにお前のパラレルが居る。お前が彼女を殺し、私がその老いぼれを殺せば、二人でまた生きられるんだ…。2度と、2度とこんなチャンスは無いんだぞ…? 」
マリンは、止めどなく溢れる涙をあごから滴らせながら、掴んでいる腕への力を強めた。
マリン「なんで…。なんで生き返ることにそんなにこだわる必要があるのよ…!! 幸せに暮らすだけなら、ここでもいいじゃない!! 」
星の戦士「あ、あぁ…。」
マリン「だから、やめよう。もう、おしまいでいいんだ。ここで休もう…。パパ…。」
星の戦士は膝から崩れ落ちる。
培養装置のアーツは消え、パラレルのマリンは放り出される。
星の戦士「ごめんよ…。パパ、マリンのこと、なにもわかってなかったよ…。勝手なことばかりしてごめんよ…。これからは、いっぱいお前の願いを聞いてあげるから…。」
彼は涙を流し、マリンと抱き合う。
マリン「じゃあ、一緒に暮らそう。みんなで。」
星の戦士「いいよ。好きにしなさい…。」

こうして、この旅の戦いは全て幕を閉じた。
路頭に迷うコッパの手下たちは、彼らにとってはもう、関わりの無いこと。
始まりの日よのうな、穏やかな空、穏やかな風に包まれて、また、もとの穏やかな生活に戻って行く。

町の外れの岩に、「浦々良 麗」の名前を刻んで────────

アフターストーリー 完

「愚者の弾丸」 EX.LAST 愚者の弾丸

不適な笑みが、フードの暗がりのなかに覗く。
相変わらず男か女かわならない声だし、顔立ちまで中性的だ。
仮面の男「おら、連れてきたぜ。」
コッパ「ご苦労様。二人はもう好きにしていいよ。」
優しくて穏やかな甘い口調で、二人に退場を促す。
仮面の男「ケッ、どうせ"お前の好きにしかならないくせに"。」
そう捨て台詞を吐いて、のどかな風景に向かう。
崖を落っこちるわけにもいかないので、迂回するために岩陰に消えて行く。
それを見送ると、一同へと視線を戻す。
コッパ「一応形式的に聞くけど、マリンをこちらに引き渡す気はないんだね?」
番長「当然だ。いや、渡してもお前は殺すから、どちらだって同じだけどな。」
殺気立つ番長や一同に対しても、コッパは依然として余裕の表情だ。
コッパ「だよねー。ここでうんと言うなら守ってきた甲斐もないだろう。だがね……」
コッパの声色は飄々としたものから、冷たいものへと変わる。
コッパ「君たちは、どうやっても私に勝てない理由がある。」
サクリファイス「んなもん、やってみなきゃ解らねぇだろ。」
その凄みに対してコッパは首を横に振る。
コッパ「しかし、それは同時に、マリンさえ私に近づけないことになる。」
麗「何が言いたい。」
噛み合わない会話、自分が抱えている問題、双方に苛立っている麗は八つ当たりな返しをした。
コッパ「試してみるかい?」
コッパはやってきたそこから動かない。
回りには、ただただシャボン玉。
話を聞いているようで聞いていないのは挑発なのか。
だが、彼らはその挑発に乗ってやる他無かった。
サクリファイス「やってやるぜ!!」
強く地面を蹴り、唾を鎌に変えて槍兵のように突っ切る。
コッパはまた、不適に笑う。

番長「? おい、何突っ立ってんだ?」
サクリファイス「は……?」
今まで走っていたはずのサクリファイスは、元の位置に立っていた。
サクリファイス「??? どうしたんだ、俺…。」
訳もわからないまま、再び走り出す。

だが、またしても、元の位置に戻されていた。
サクリファイス「マジで近付けない…。」
そう漏らす彼に対して、回りは怪訝な眼差しを向ける。
番長「何言ってんだ? お前、"なにもしてないだろ"。」
サクリファイス「お前こそ何言ってるんだ!!? 俺はもう、2階も"戻された"んだぞ!!?」
ブリンク「申し訳ありませんが、私にも、サクリファイスさんは"立ち呆けていただけ"に見えました。」
サクリファイス「一体何がどうなってるんだ!!?」
麗「時を戻す能力か?」
サクリファイス「そうだ、そんな感じ。」
やっと同意の声を聴けて安心するが、コッパは肯定も否定もしない。ただニヤニヤとこちらを眺めている。
番長「─────いや、違うな。」
サクリファイス「はぁ!!?」
せっかく得られた同意に水をさされて思わず過敏になる。
番長「よく考えてみろ。時間を戻しているなら、ボーッと突っ立ってる時間なんて産まれないだろ。その時間が巻き戻るんだからよ。」
サクリファイス「た、たしかに。」
麗「代案はあるのか?」
番長は頷いた。
番長「あいつがやっているのは、"過去の改変"だ。フォスターがやったことを"なかったこと"にしたから、フォスターは何もせずに突っ立ってたんだ。」
コッパは尚も笑った。
コッパ「すごいねぇ。やっぱり、一番危険なのはキミのようだ。」
肯定し、尚も笑った。
"解ったから、何ができる? "
態度がそう言っている。
コッパ「私はねぇ、都合の悪いことだけ無かったことにして、都合のいいことだけ残しておくことができるんだ。でもね、マリンを拐おうとして抵抗されると、さらったこともひっくるめて消さなくてはならなくなるんだ。」
あぁ、なるほど。
これが、再三に渡って見せられた、"瞬間移動"の正体。
奴は、自分が訪れた事実を無かったことにして、戻っていたのだ。
コッパの顔が、シャボン玉に歪に映る。
コッパ「私は、これから君たちが"マリンをこちらに差し出すこと"以外は赦さないからね?」
これが、"勝負にならない"ということだ。
そもそも、戦いなどさせてくれないのだ。
番長「だが、見るとよぉ、そのシャボン玉がアーツなんだろ? それに当たらなければいい。」
そういいはなって番長は操縦を構え、返事を待たずに引き金を引く。
見事にシャボン玉の間を縫って、コッパの脳天に直撃する。
サクリファイス「おおっ!!」
コッパはぐらりと倒れ──────
た、はずだった。
だが、まばたきしてしまったすぐ後、そこには無傷のコッパが平気な顔で立っていた。
コッパ「私は"当たってなどいない"。残念だったね。」
ミツクビ「ふ、不死身かみゃうっ!!?」
コッパ「だからぁ、私には当たらないんだってば。」
麗「そうか、じゃあ、シャボン玉を"割らなければ"いいんだな?」
麗はつむじ風を作ってシャボン玉をひとつの渦に集めた。
麗「これならテメェは無防備だ!!」
麗は大剣を握りしめ、駆け出す。
目の前まで難なく距離を詰め、剣を振りかぶる。
コッパ「はいはい、その手なら他のやつも使ったよ。」
降り下ろされる剣に、新たなシャボン玉を口から吹き出す。

麗「……クソッ!!」
番長「ダメだったんだな。」
麗「あぁ…。」
どうあがいてもそこから動くことができず、何一つなすことができない。
なにかそこに打開策は無いのか?
番長は、記憶の海へと思考を還す。
──────そういえば、千代は、アーツを使っているにも関わらず、姿はほとんど超能力のままだった。
私にも、きっとあのときの能力があるはずだ。
番長「────"再現(エコー)"」
そう、呟いた瞬間、世界は硝子のように砕け散り、その代わりに、ネガポジ反転で真っ黒なモノクロ世界に変わる。
番長(成功だ!!)
かりそめの3秒間がスローで進んで行く。
だが、なにかがおかしい。
何がおかしい?
わかる前に、能力は終わりを告げ、闇は光の点に呑み込まれ、カラフルな元の世界が戻ってくる。
あぁ、そうだ。
この能力はあくまでシュミレーション。
何か目的を持たなくては。
次は、"普通に弾丸を放ったときのシュミレーション"。
番長「"再現"」
その呟きは我が物か解らぬ力への不安か、それへの呪い。
意味もない合図に応え、世界は再び砕け散る。
死んだ世界は、鮮やかなステンドグラスになって偽りの時間のなかで塵になって行く。
番長(やっぱりおかしい!!)
そのおかしさに、ようやく気づいた。
シュミレーションは始まらないどころか、視点は一人称。
本来のこの能力は、シュミレーションを三人称視点で眺めて、相手の攻撃や反撃を先読みする能力なのだ。
しかし、これでは全く機能していない。
番長(劣化してしまったのか?)
途方にくれる。
そんな彼女をおいてけぼりにするように、経過したニセモノの3秒は収縮して行く。
サクリファイス「おい、何かしてるのか?」
行動を消される度にもとに戻ってしまう性質のため、こんな質問が投げ掛けられる。
サクリファイス「番長、さっきからお前、なにかブツブツ言ってるだろ。」
コッパ「…? まて、何かしているか? この私の知らないところでっ!!」
番長「…。」
まだだ。そう自分を留める。
ここで黙れば、ハッタリが成り立つ。
コッパ「やはりお前は危険だ!! この私が殺してやる!!」
そう言って取り出したのは、なんの変鉄もないただの剣だった。
彼は、完璧な防御を持っていながら、憐れなことに攻撃に関しては、てんでダメなのだ。
コッパ「この私の剣がお前を殺すまで、何度だって戻ってやる…。お前は私を不安にさせる。そんなことがあってはならない!!」
じりじりと歩み寄るコッパ。
何度も止めようと飛びかかっては戻される仲間たち。
番長(違うんだ…。)
劣化した訳じゃない。
むしろ、進化しているはずなんだ。
千代の能力だって、"皆既日食"と名付けられた新たな能力が宿っていた。
コッパ「待っていろ…。そのままだ…。」
この能力は、何らかの理由で機能が変化している。
新旧の能力のハイブリッド。
番長「もう一度だッ!! "再現"!!」
世界に漆黒の蜘蛛の巣が走る。
色彩は虚構の世界の主の視界から排除されて行く。
そこで、更なる違和感。
おかしい。
可笑しいんだ。
なんで、モノクロの世界のはずなのに、"自分の色だけ抜けていないのだろうか? "
ていうか、動く。
本来ならありえない。
手を握ったり開いたり。
これはつまり…つまり…?
戸惑う間に、うそんこの世界は排水溝に飲まれる洗面台の水のように消えて行く。
コッパ「なんだ…。なんだよ"エコー"って…。何をしているんだ!! 教えろー!! 」
歩み寄っていたコッパは走り出す。
まずい。時間がない。時間がない? 時間…。
番長「"エコォォォォオオオオ!!"」
わかったぞ。
   世界という薄氷に穴が開く

コッパが過去を操るなら、
   プラスの時間、真っ黒な世界が現在に蓋をする。

私の能力は、
   色褪せぬ乙女は選ばれし銃を握る。

"未来から攻撃してしまう能力"。
愚者の名を授けられた能力の世界で、愚者の双銃から放たれる螺旋の弾丸。
名付けるなら、─────"愚者の弾丸"。
引き金を引く。
こんなもの、単なる合図に過ぎない。
でも、この心は武器だ。
この武器は彼女の心だ。
無機質な合図、収束する黒、その中をイカサマの時間で進む弾丸。
未来から放たれた弾丸は、現在のコッパの脳天をうつ。
コッパ「今更こんなもの…? 」
シャボン玉は弾ける、傷は消え…再び現れる。
コッパ「なぜだッ!! 何故消えない!! 」
コッパを囲むシャボン玉はひとつずつ割れて行く。
番長「無駄だ。お前がいくら戻ったって、その3秒後がついてくるぞ。」
コッパ「なんだよそれ!! デタラメだ!! 」
開いては塞がる傷をかきむしる。
番長「デタラメな能力で居座り続けたクソヤロウはどこのどいつだよ。」
コッパ「嫌だ、消えたくない…。」
番長「お前は死ぬんだよ。本当の意味でな。残ったシャボン玉の数だけ懺悔しておいたらどうだ? どうせ、私たち以外にも私欲でいろんなものを傷つけて来たんだろ? 」
コッパ「嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だーーーーーーーーーー!!」
番長「憐れだな。」
シャボン玉を使いきり、戻れなくなったコッパの頭は螺旋に呑まれ、一瞬、ピタリと止まると、四方八方へと醜い肉片を飛び散らした。

もう、番長の興味はコッパではなくなっていた。
番長「教えてくれ。約束だろ? もう、星の戦士なんていう胡散臭い奴に頼る必要もない。
まぁ、確実性を求めるなら、そいつのもとまで行くがな。」
麗は唾を飲んで、空を見上げる。
麗「そっか。なら言ってやろう。」
ふっと、目を閉じる。
それは覚悟か、はたまた逃避か。
どちらにせよ、腹を決めた合図だった。
麗「この世界は、パラレルを…無駄な可能性を消して、生前の世界の歪みを消すために存在している。そして、生き返る方法は、パラレルの自分を殺すことだ。それも、自分の手で。」
番長「そうか。なら、探さなくてはな。」
麗「その必要はない。」
涙声になって、麗は髪留めを外した。
麗「そのパラレルは、俺だ。」
凍り付く。
その場にいる全ての仲間が言葉を失った。
麗「これはお揃いだな。お母さんの形見だもんな。当たり前だ。同じ親だ。俺とお前の違いは、男に生まれたか女に生まれたか。それだけだ。」
番長「やめてくれよ。何いってんだよ。星の戦士の元へいくぞ。馬鹿馬鹿しい。」
麗「オールドマシーナリータウンの魔女なんて聞いて驚いたよ。俺のパラレルでは、違う奴が魔女なんだ。賢者の石、超常現象、話でしか聞いたこと無かったけど、実物見たら本当に魔法だな。」
番長「やめろよ…。」
麗「お前がそばにいるとき、実家みたいな匂いがしてさ…。安心したよ。そりゃそうさ。誰よりも自分に近い存在なんだからな。あの、工場街の片隅に、俺たちは産まれ育ったんだもんなぁ!!」
番長「やめろって言ってんだろ!! 」
また、嫌な静けさが流れる。
番長「麗、そんなおどかしはいいんだ。
本当は違うんだろ? 100人殺せばいいんだろ? 」
麗はその問いに、首を横に振る。
麗「100人くらい殺せば、だいたいそのなかにパラレルが存在している。そんな程度のカラクリだよ。」
番長「…。」
応えないまま、番長は崖を迂回するように歩き出す。
麗「確かめに行くのか。」
番長「…。」
麗「きっと答えは同じだぞ。」
番長「…。」
麗「もし、この答えが間違えていて、消した後に取り返しがつかなくなったら、なんて考えているなら、そんな心配は要らない。」
番長「…。」
麗「…。」
しびれをきらせて、麗は番長に掴みかかる。
麗「迷うなよ…。お前は千代みたいな正義のヒーローじゃないだろ? 仲間を助けにいきたいだけの、悪党だろ? 」
番長「…ッ!! 」
その言葉に頭にきたのではない。
なんの悲しみもしらない、へーぜんとしたその態度が気に入らなかった。
番長「私はもう、大切な人を2人も殺している。
そんな私が、また大事な仲間を殺せるわけ無いだろーーーー!!」
こらえきれずに泣き出した番長の頬を、麗は殴った。
麗「俺だって消えたかねぇよ。」
それは彼なりの覚悟だった。
麗「お前が幸せを掴むときぐらい、明るい顔して送りたかったよ。」
それは彼なりの優しさだった。
麗「でも、ここで俺が消えなけりゃ、お前の生きている仲間を見殺しにしなくちゃあならねぇってことなんだよッ!!」
それが、彼の答えだった。
麗「俺は間違えて存在していたんだ!! 間違え続けるなんて誓ったりもしたんだ!! でも、お前のために消えられるなら、この俺も間違いなんかじゃなくなるんだ。だってそうだろう? お前は俺だ。俺はお前だ。お前がお前らしく生きてくれれば、俺はそれだけで嬉しいんだ。自分のことなんだからよ。」
麗は距離をとる。
そして、両手を広げた。
麗「さあ、撃てよ。お前には、もう、必殺の一撃があるだろう? なに、ふたつがひとつに戻るだけさ。これは殺しじゃない。」
番長「そんな…。こんなのってないよ…。あんまりだ…。どうしてこんな…。」
サクリファイス「あまったれるな!!」
ミツクビ「団長の想いを無駄にするニャ!!」
ブリンク「あなたは死んだままでいいのですか?」
番長「お前ら…。」
サクリファイス「俺たちは、カインドで、夢を見ていた。長い長い夢を見ていたんだ。」
ミツクビ「でも、番長ちゃんのおかげで気付けたニャン。失うものも、残酷なものも、生き物である限りなくならないってことを。」
ブリンク「ですが、いまここで起きていることは、失うことではない。」
マリンは番長の左手を握る。
マリン「これは、始まり。かけがえのない運命の、始まり。」
麗「だがら、銃を出して、引き金を引け。
俺を乗り越えて、やっとお前が始まるんだ。」
番長「…。」
静かに銃は形をつくる。
番長「ありがとう…。」
銃口はゆっくりと対照を捉え始める。
番長「こんなわがままに付き合ってくれて。」
視線が、銃の照準に合う。
番長「ありがとう、仲間でいてくれて、本当にありがとう。お前らがいなけりゃ、ずっと私は誰かを消し続けながら、無意味にさまよっていたよ…。
私の行く道を、照らし続けてくれて…ありがとう。」
引き金が絞られて行く。
麗はもう涙が止まっていて、うっすらと微笑んでいる。
麗「くだらねぇ死にかたなんて、二度とするなよ。」
番長「ああ。二度とお前らに会うもんか。」
完全に引き金は引かれた。
弾丸が飛び出る。
無骨な、銀色の弾丸。
その飛ぶ時間は無限にも思えて、一瞬にも思えた。
世界が歪む。
自分が歪む。
もう、どこにいるかもわからない。

溶けて行く。

固まって行く。

ばらばらになる。

うまってゆく…。

…。

……。

─────────────────ッ!!

ボディスーツの男「たった今のお前なら、稚拙な施設でも能力の行使を妨害できる!!」
周りにはリュックを背負っている奴らが居る。
おそらく、私は死ぬ直前に戻ってきたのだろう。
ボディスーツの男「お前の能力は、お前自身を殺めるために使え。」
番長「・・・・・・・・・。」
シルフィ「判断をあやまらないで・・・。」
陽子「見殺しにされたなんて言わないから・・・生きて・・・!!」
仲間は彼女を心から信頼し、尊敬し、愛していた。
だからこそ――――
番長「"再現(エコー)"」
懐かしい景色は嘘の世界に、一時的に書き変わる。
そして、仲間を人質に取っているやつらを、一人残らず撃ち抜いたあと、黒の世界は呼吸をやめる。
電子「!!?」
気づいたときには、もう、全ての敵の頭はくだけ散っていた。
番長「この"オールドマシーナリータウンの魔女"に、勝てるもんかよ。」

Fin.

「愚者の弾丸」 EX.41 対峙する運命

マドロシア「な、なんだ。1つ的が増えただけか?」
動揺していたのが馬鹿みたいだ、という風に振る舞う。
番長「千代…。これはいったい…?」
千代「これはね、ミツクビちゃんを逃がしたりしてくれていた大臣が持っていたアーツなんだけど、効果は見たままだよ。開かせないように番長ちゃんが興味の無いジャンルの本を探すのに手間取っちゃったよ。」
マドロシア「なに余裕かましてんだよ!!」
話をする千代に鉄の芯を放つマドロシア。
千代「"皆既日食"」
以前とは比べ物になら無いくらい落ち着いた様子で黒の砂嵐を纏い、結晶でそれを受け止めて見せた。
千代は驚くマドロシアをよそに、周りの様子を確認する。
千代「あなたのアーツは、縫い付けて固定する能力より"必中"がウリみたいだね。でも、何かに当たって止まってしまえば、何ともない棒切れに変わり無いね。」
マドロシア「ひ、ば、化け物だ…。」
思わず腰が引けて、後ずさるマドロシア。
マドロシア「み、見逃してくれ!!私は仲間を助けにいきたいだけなんだ!!」
だが、千代はそこから動かなかった。
番長「そうか、お前はそういう奴だったな。」
千代は頷く。
千代「あのときは暴走しちゃったけど、今は違う。
私は守るためにしか戦わないから…。」
番長「いいよ、充分だ。ありがとよ。」
番長は千代より前に出る。
番長「心が痛むなぁ。仲間を想う気持ちはわかるよ。」
マドロシア「なら、マリンだけをこちらによこしなよ!!」
番長「でもなぁ、志が同じ者同士ってのは、ぶつかり合うものさ。」
マドロシア「…ッ!!」
諦めたように両目を瞑り、こうべを垂れた。
番長「なぁ、何故、お前のような人間が、コッパのような奴の手に落ちたのだ?」
その言葉は、クライネの面影をどこかに見てか、浮かんできた慈悲だった。
マドロシア「あいつは、マリンを探していた…。私も探していた…。あとはわずかな甘言さ…。」
なんと潔いことか、それは彼女の本心だったし、自分も同じ立場ならそうしていただろうな、と容易に想像できてしまうことで、番長の心は揺らいだ。
だが、それは同時に、相手がいかに目的のために狡猾になれるかを知った瞬間でもあった。
番長「最後に、この世界の真実とやらを教えてもらおうか? 」
情けを押し殺し、決別の心を固める。
マドロシア「そうだなぁ…冥土の土産ってやつか。でも、すんなり教えるってのも惜しいんで、ヒントだけくれてやろう。
お前はきっと、"生きている方の世界に必要とされている可能性なんだろう"。」
マドロシアは番長に銃を向けられるまでもなく、自らのアーツで頭を撃ち抜き、自害した。
千代「し、詩人だね…。」
番長「あぁ、さっぱり意味がわからん。」
アーツが消滅して動けるようになった仲間たちが次々起き上がる。
サクリファイス「なぁ、スゴく助かったんだけど、お前、どうやって帰るんだ?」
千代「あ、えへへ。」
誤魔化すように照れ笑いをする千代。
番長「相変わらず、かっとなると後先考えないな。」
千代「番長ちゃんだけには言われたくないな。」
番長は少し考えたあと、思い出したように切り出す。
番長「そうだ、少し引き返せば、今まさに助けを求めている人たちがいる。そこに向かってみたらどうだ?」
千代はその言葉に懐疑的な眼差しを向ける。
番長「悪いのは私たちじゃない。敵が暴れすぎただけだ。」
千代「ふーん、そう。」
そんな口振りでも、千代は既に港町の方へ足を向けていた。
番長「"またな"。」
千代「うん、"またね"。」
ふたりは、いつしかの、「叶わないための約束」をかわした。

麗は暗い面持ちでいた。
ミツクビ「団長…?」
歯を食い縛り、悔しそうだった。
サクリファイス「なんだ?まともそうな奴が死んじまって悔しいのか?」
麗は首を横に振る。
麗「違うんだッ……!!」
それは、泣き出しそうで、怒り散らしそうな、苦しい声だった。
麗「なぁ、サクリファイス。運命ってのは残酷なもんだよなぁ。カインドから出てから、ずっとそうだ。」
サクリファイス「そ、そうだけどよ。いったいどうしたんだよ。」
麗「俺には解ったんだ。この世界の真実が…。」
ブリンク「本当ですか!!?しかし、思わしいものではないのですね。」
麗は頷いた。
サクリファイス「なぁ、言ってみてくれよ。みんなでどうするか考えようぜ。」
麗「言えるかよッ!!」
突き放すような悲痛な叫び。
麗「ひとりにしてくれ…。俺は、俺だけでコッパの野郎のもとに行く。お前らは、星の戦士のもとで真実を知ってくれ。」
番長「はぁ!!?メチャクチャじゃねぇか!!落ち着けよ!!」
麗「あとでまた会うことになる。それまで、ひとりにしてくれ。」
麗は風のレールを作り出す。
番長「待てよ、わかるように言ってくれよ。」
サクリファイス「そうだぜ、らしくもねぇ。」
麗「真実を知って一番辛いのは、番長、お前なんだよ…。だから、俺は今、お前に見せる顔が思い付かないんだ。」
うつむいたまま、言葉をつむぐ。
番長「なんだよ、余計気になるじゃねぇか。
なんだって受け入れてやる覚悟はあるぞ。」
少しの沈黙をあけて、風のレールは消えた。
麗「そうか…。なら、コッパをぶっ潰してからだ。俺は、俺の自分勝手でそれを望むが、いいか?
お前の正しさの邪魔になるなら、今すぐにでも言ってしまおう。」
番長は喉から手が出るほど教えてほしかった。
だが、一番苦しむのが自分だと言われては、ためらいができてしまうのも無理はない。
番長「…終わったら絶対話してくれよ。」
麗「あぁ、嫌でも話すことになるからな。」
番長は、星の戦士と麗との答え合わせが必要だと考えて、欲求を堪えた。

その先、崖や断層が目立つ地帯を進んで行くと、更なる人影が現れた。
ミツクビ「また刺客かニャン?もう、うんざりだニャン…。」
それが聞こえたのか聞こえていないのか、目の前にいる二人の人影はこちらを振り向いた。
一人は、目だしの仮面をつけた小柄な少年、もう一人は、筋骨隆々、トロ寿司のような赤いモヒカンが特徴の大柄な男だ。
仮面の男「お、おいでなすったぜ。」
モヒカン「ふん、他の奴らを殺してきたからどんなやつらかと思えば、ガキどもに老人が一人か。
まぁ、何年生きたかは知らんがな。」
モヒカンは歩み寄ってくる。
だが、攻撃を仕掛けに来ているといった感じではなかった。
番長「殺気が薄いな。やりあわないのか?」
やや挑発的な態度で相手の行動に応える。
モヒカン「ほんの少し前まではそうだった。だが、コッパは今、焦り始めている。」
仮面の男「俺たち12聖典との戦いによってお前らが成長しきる前に、直々に倒してしまわねばならんとさ。まったく、高く値をつけられたものよ。」
サクリファイス「? じゃあ、コッパの野郎はここにやって来るのか?」
仮面の男はその質問に、溜め息を返す。
モヒカン「違う。あいつは先回りしている。
星の戦士の前で、マリンを奪ってやるとな。
だから、あいつは星の戦士のもとへ向かっている。」
仮面の男「だから、俺たちは、もうただの案内のための遣いでしかねーのよ。」
なんだか拍子抜けだった。
だが、同時に両者は目的へとグンと近づいたことになる。
それは素直に喜ぶべきだった。
仮面の男「あーあ、待ってる場所が別のとこなら、裏切ってマリンをさらって、抜け駆けしようと思ったのによ~。」
モヒカン「無駄だ。今は言われたことだけをやるんだ。」
番長「あんな奴の裏切りくらいやればいいじゃないか。こっちとしては、今のほうが助かるけど。」
八つ当たりなのか、少々挑発的な態度をとる。
だが、仮面の男は真剣な顔で返した。
仮面の男「言っておくが、俺たちでも、お前らでも、コッパとは"戦いにすらならない"。それぐらい強いんだ。」
一同はピクリと反応する。
ブリンク「奴の能力について知っているのですか?」
だが、モヒカンはばつの悪い顔をした。
モヒカン「悪いが、これ以上話したら消される。
俺たちからできるのは、こういった脅し、警告、案内だけだ。
俺は心から言うぞ?"マリンだけをコッパに引き渡して、踵を返した方がいい"とな。」
ミツクビ「な~んかムカツク言い回しだニャン。」
いきり立つこちら側の態度にも、相手は乗らなかった。
仮面の男「警告はしたからな。」
番長「ムカつくやつはブッ飛ばすだけだ、なぁ、麗。」
空元気でも出させようと振るが、相変わらず麗はふぬけているというか、複雑な表情のままだった。
麗「あ、あぁ。そうだな。あいつはブッ飛ばされてしかるべきだ。(…そして、そのあとは…。)」
相手の二人は呆れたような顔をして、着いてくるように促した。
仮面の男「星の戦士は、この先の、"忘れられた街 ヴァン・ホーテン"で待っている。」
ブリンク「おや?おかしいですね…。」
ブリンクは地図を広げて首を捻る。
ブリンク「地図だと、陥没地帯と闘技場のある街(…名前はシミで読めませんが…)の間の、なにもない場所とされていますが?」
モヒカン「忘れられた街だからな。無理もないだろう。」
仮面の男「"黄金の街 カインド"だって、クリン・トラスト城に近くなければ地図に乗らないような場所だ。不思議なことじゃねぇよ。」
その言葉を最後に、会話は途切れてしまった。
それは同時に、あいつの気配が近づいてきた合図だった。
番長「思ったより近いんだな。」
仮面の男「ここまで来るのに短くなかったろうに。」
岩の陰から、チチチ、と小鳥が飛ぶ。
その先の崖の下には、穏やかな辺境が広がっていた。
血の気など微塵も感じられない平穏さがぬくぬくと伝わってくる。
だが、背後からは、それとは相反する声がするのだ。

コッパ「やぁ。最初からこうするべきだったね。正直、侮っていたよ。」
ふわふわと、美しいシャボン玉が舞う。

「愚者の弾丸」 EX.40 番長自身の選択

番長「全快はまだ遠いか…。」
目は覚めたものの、疲労と気だるさが枷となって体の自由を奪っている。
麗「しっかし、派手に散らかしてくれたよな。」
復興のために忙しなくなっている町を、遠巻きに眺めながら言う。
番長「他人事のように言うな。手伝わなくていいのか?」
麗「いや、もういいんだ。慈善の為に旅をするのは、もうやめたよ。」
番長は理解に苦しんだ。
そもそも、クリン・トラスト城を救うために街を出て、そのまま旅を続けているのだから、旅行く先を正しい方向へ導くために足を動かしているのではないのだろうか。
たしかに、自分についてきてくれると言った。目的に協力してくれるとも言った。
だが、それでは、彼自身の目的が無い。
何故、引き返さなかったのだろうか。
海を渡る前ならまだ間に合ったはずなのに。
麗「そんな顔をするな。」
番長「…。」
麗「俺にだって、生前の後悔はあるし、満足して死んだ訳じゃない。みんなだってそうさ、簡単に生き返る方法だとしたら、知っておいて損はない。」
表情で解るほどひどい顔をしていたのか?と思いつつ、納得できる回答を得られないことに苛立った。
番長「そんな程度のことのためにか…?」
麗「それだけじゃないさ。わかるだろう?コッパという大きな禍りを放ってはおけない。
慈善や正義じゃない。もっとシンプルな問題さ。ムカつく奴をブッ飛ばす。それだけのことさ。」
番長「でも、それはお前のためではないだろ。」
麗「でも、俺はムカついた。どんな心があんな奴を赦せるんだよ。たとえそのために間違った道を進むとしても、自分の気持ちを曲げるよりはずっといい。その方が鮮やかなんだ。街を守るために自警団を組んでいたのも、自分が納得できない物事を潰す言い訳が欲しかっただけなんだろうし。」
番長「なんだよそれ。適当すぎないか?そんな理由で命懸けで戦えるなんてどうかしてる。」
サクリファイス「あのさ、不毛だと思ったから一言だけ言いたいんだけど、いいか?」
番長「…なんだ。」
相変わらず空気が読めないな、と顔を向ける。
サクリファイス「お前、俺たちと一緒にいたくないのか?」
番長「どういうことだよ。」
サクリファイス「おっと、二言目のゆるしをくれよ。」
番長「茶化すな。聞き捨てならないぞ。」
睨むように…いや、睨んで、体の向きもかえる。
サクリファイス「お前は、さっきから、"一緒にいられない理由"ばかり探している。
俺はそれが不毛だと感じるんだ。同じ理由ならさ、"一緒にいられる理由"を探した方がいいんじゃあないのか?」
番長「…わ、私はただ、大層な理由もなく命を危険にさらすもんじゃないと思ってるだけだ。」
思わぬ正論に、戸惑いながら返す。
サクリファイス「仲間の幸せを願うことに、理由なんているかよ。だけど、お前が理屈をこねたがるから、言い訳を探してやってんじゃねえか。」
麗「正しさにこだわりたがるのは、今まではお互い様だった。でも、今は番長くらいだよ。
けど、だからこそ、お前の正しさを守ってやりたいし、そのために俺は間違うと決めた。」
サクリファイス「お前はすごいし、カリスマだ。だけど、ひどく繊細だ。」
麗「だから、仲間として放っておけないんだよ。ついていく理由はいくらひねったってそんなもんさ。いいことするのは二の次三の次だ。」
番長「いいのか…。せっかく千代に教えてもらった正しい道を無視してもいいのか?それに巻き込まれてもいいのか?」
サクリファイス「なんだ、お前、巻き込んでないつもりでいたのか。」
番長は呆然としてしまう。
麗「悪いけど、俺たちゃお前に引っ張られ過ぎて、振り向けないところにまで関わっちゃったんだけどなぁ。」
サクリファイス「あいつの道はあいつの道だろう。たしかに学ぶことはあった。正しい道だった。
だとすると、そもそも"生き返る"って言うことが、ヒトにとって、正しいか?」
番長「…あ。」
麗「気付いたか?目的そのものが生きとし生けるものたちにとって間違いなんだから、正しい道のりで生き返ることなんざ出来やしないようにできてんだよ。」
番長「は、はは…。」
馬鹿みたいだ。
これまで信じたり悩んできたりした道が、本当は一本道だったなんて、とんだ笑い種だ。
番長「なんだよ…。悩んで、葛藤してきたことは、全部無駄だったのか?なぁ。」
麗は首を横に振る。
麗「無駄なんかじゃねぇよ。っていうか、葛藤したのは俺達もだし、悩んできたからこそ気付けた結末なんだ。」
番長「お前ら…。」
崩れ落ちそうになる番長をミツクビが寄ってきて支えた。
ミツクビ「ごめんニャ、ミィも、番長ちゃんが寝てるうちに、こっちの道へと引かれちゃったのニャン。だから、ミィもあとは引っ張られるだけなのニャン。」
ブリンク「さぁ、何か指示をください。貴女の正しいと思う間違いに、私たちは従います。グルであり、味方であり、仲間なのですから。」
番長は泣かなかった。
むしろ、笑って言葉を返した。
番長「鬱陶しいコッパの奴と、ムカつく生死の境界をぶっ壊すために、見ていてくれ…私の背中を。」
彼らは、再び立ち上がる背中を護るために、最悪の鮮やかさを、その手に掲げた。
間違い続けよう。有無を言わせぬ引力を持つ、この猛き背中のために。

来た方とは違う方向の町の端に集まった。
そこで、クリン・トラスト城でもらった地図を再び見る。
目的地には大分近づいているようだ。
番長「ま、ここまで来て諦める方がおかしいよな。」
独り言のように言い、ブリンクに地図を預ける。
マリン「番長お姉ちゃん。」
あまり口を開かないマリンが、珍しく自ら話しかけた。
番長「ん?どうした?」
マリン「隠してたわけじゃないんだけど、言わなくちゃいけないかって思ったことがある。」
番長「なんでも言ってくれ。いや、もうついていきたくないっていうなら考えものだが。」
マリンは首を横に振る。
マリン「違うの。実はね、私のアーツ、"弱くなっていってるの"。」
番長「具体的には?」
マリン「消耗するのはもちろん、射程距離も短くなっていってる。」
番長「ふむ…。」
元々、マリンについては戦力としては考えていなかったために、弱体化についてはさして気にはならなかった。だが、弱くなる可能性が指し示されたのは、意に介さずとはいかない。
番長「何故だろうか。」
マリン「わかんない。わかんないけど、使わないんじゃなくて、使えないんだって言っておきたくて。」
そこで、ハッとしてマリンの頭を撫でる。
番長「多分だけど、ハーツアーツは心の武器だから、その能力を手に入れたときの気持ちが薄くなっていってるんだよ。」
マリン「…?」
番長「出会った頃は、身を守るために残酷に戦ってきた戦士だった。でも、今は守られるだけの普通の女の子だ。戦う役目を負わなくてよくなったって感情が、武器を弱めたんじゃないかな。」
マリン「…必殺の保険がなくなって、残念じゃないの?」
番長「マリンは連れ回されているだけだ。能力なんて無いなら無いで構わない。戦っている訳じゃないだろ?」
マリン「だけど…。」
番長「無理に役に立とうだなんて思わなくていい。私は、私欲のためにお前をさらった悪い人なんだから。」
マリン「うん…。」
番長「戦いが終わったら、クリン・トラストに戻るといい。お前だけは、あっちがわの人間だ。」
マリン「う…ん?」
番長「どうした?」
マリンは何かを見つけたようだ。
マリン「あのひと…。」
向こうの女性を指差す。
麗「明らかに怪しいな。」
女性の足元には数体のくまのぬいぐるみが歩いている。
こちらのことを見つけると、女性は歩み寄ってきた。
ぬいぐるみはハーモニカをご機嫌に鳴らしている。
女性「コロ、す、いカセ…なイっ。」
両手に禍々しい漆黒の双剣を握る。
愉快にハーモニカを吹くくまのぬいぐるみたちは、ステップを踏みながら散り散りになっていく。
番長「随分間抜けなのが来たな。」
女性「あアアっ!!」
叫び声をあげて、剣を振るう。
だが、その剣は、双剣の利点を活かせていない、のろまな振りだった。
そもそも、二本握るには大きすぎる代物で、素人が扱えば、互いの刀身が絡み合ってしまうほど不便な見た目をしている。
女性「うアあっ!!」
もはや女性の動きは、剣に体を振り回されていて、見ていられないほどのものだった。
倒そうと思えば簡単だ。だが、何かがおかしい。
サクリファイス「こいつ、操られてるだろ。俺にだってわかるぜ。」
答えは順当なものだった。
明らかに、くまのぬいぐるみに女性が操られてるのだ。
そうとわかれば、麗はたちまち大剣でぬいぐるみを凪ぎ払い、切り裂いた。
女性は糸が切れたように倒れ、黒い剣は溶けてなくなった。
番長「粗末な仕掛けだこと。」
そう言って立ち去ろうとしたときに、女性の顔はこちらを向いて言った。
女性「"りボるばかンボつチたイ"で、まッてる。こっパはマだ、オマえをみテいるぞ…。」
言い切ると、女性はそのまま気絶した。
番長「トラップではなくメッセンジャーだったか。」

"リボルバ陥没地帯"というのは、この先にある岩山が続く道の事だ。
嫌でも通らなくてはならないが、そこで戦うと、わざわざ宣戦布告してきたというわけだ。
サクリファイス「凝った演出しやがるぜ。」
これから先、長い道のりを徒歩で行かなくてはならないことに鬱屈になりながら、足を進める。
麗「夜になると不味そうだが、1日では越えられないか。」
代わり映えのない景色が、よりいっそう気を滅入らせる。
ミツクビ「もう陥没地帯に入っているのかニャン?」
ブリンク「…入って…いるみたいですね。」
とは言うものの、見渡す限り岩肌いか見えないため、憶測でしかない。
番長「人気が無いな…。人と出くわしたら、まず敵か。」
ざらざらとした靴音が、砂混じりの風と混じり会う。
その先に足を止めている者が居た。
???「おや、来てくれたということは、エリオットはやられたか。」
スレンダーな乙女が振り替える。
見た目は、荒野のガンマンとしか言いようがない。
番長「お前が次の刺客か。」
ガンマン?「いかにも。」
その相手は、今までの敵とは明らかな違いがあった。
さわやかで、さっぱりとしている。
敵にするにはあっさりしすぎている。
麗「会話ができる相手ってことで一応聞いておくが、目的はなんだ。あんな下衆どもとつるんでまで生き返りたい理由はなんだ?」
ガンマン?「仲間のもとへ、帰りたい。そして、守りたい、この手で。」
番長「───────ッ!!?」
なんということ、彼女は番長と全く同じ目的を持っていた。
ガンマン?「心配するな。私はお前のパラレルではない。私の名前は、"魔砲のマドロシア"という。」
麗「…?なんで、パラレルかどうかの心配なんてするんだ?」
そういうと、マドロシアは顔をひきつらせ、ついには笑い始めた。
マドロシア「あっはっは。コッパも知らない様子だったから、まさかとは思っていたが、そうかそうか。」
番長「何が可笑しい。」
マドロシア「私はね、知っているんだよ。"星の戦士"が自分だけ知っていると思い込んでいる、この世界の真実を!!」
番長「何ッ!!?」
教えてくれ、と言わんとばかりに前にのめるが、言葉を遮られる。
マドロシア「お前らに教える訳にはいかないんだ。何故なら、マリン・クイールを本当に必要としているのは私だからだ!!」
マドロシアは、そう言うと懐から2丁の銃を取り出す。
番長の白い銃は、撃鉄などがついていない「トリガーのついた筒」といった感じの、"銃もどきのおもちゃ"と言うべき見た目だ。
それに対してマドロシアのもつ黒い銃は、生成された鉄の芯を撃鉄と火薬によって打ち出す、本物に近いタイプのものだ。
その銃身が、この得物で殺してやるぞと黒く煌めく。
サクリファイス「散るぞッ!!」
マドロシア「無駄だね!!」
一発ずつ、重い一撃を銘々に一発ずつ放つ。
麗は風のレールで移動を速めて避けようとする。
麗「嘘だろ!!?」
しかし、彼女の恐ろしさをすぐに思い知った。
麗、サクリファイス、ミツクビ、ブリンクと、次々に鉄の芯をまともに食らう。
それもそのはず、速度を失わないまま彼らを追いかけてきたからである。
番長はなんとか弾丸を命中させて破壊することができたが、それも狙いが多かったことで訪れたいラッキーだ。次はないだろう。
サクリファイス「なんだよこれ!!?頭おかしいぞ!!?」
叫んだ理由は、鉄の芯が追いかけてきたからではなかった。
彼らは強力な芯を食らって倒れ、そして、その芯が貫通した部分と地面が、無数の鉄の針とテグスで縫い付けられているのだ。
マドロシア「なんだよ…。そんな程度で生き返ろうだなんて考えてたのかよ…。」
地面を睨み付けながら、独り言のように呟く。
マドロシア「そんなちゃらちゃらした覚悟で、私の前に立ちふさがってんじゃないよ…。」
彼女は番長の方へ向く。
マドロシア「さぁ、マリンをこちらによこしなよ。いや、前に出してくれるだけでいい。お前らのレベルじゃ私に勝てやしないよ。まして、1つしかアーツを持ってないくせして…。」
番長「そればできない。私にも、待っている仲間がいる。」
マドロシア「そうか。なら、精々足掻きな。」
そう言われた番長の意識には、不自然なノイズが走っていた。

"読んで…。"

"私の一部がそこにあるでしょ…?"

マドロシアの銃口がこちらを向いているというのに、その声にそそのかされるように、スカートのポケットの中から本を取り出す。

マドロシア「ン?秘策か?だが、遅い!!」

この本は不自然だ。
今、触るまで気にしていなかったのに、とてもおかしいじゃないか。
なんで、海を渡ったのにシワのひとつもないんだろう。

マドロシアの引き金が引かれる。
それを、麗は剣を飛ばして遮る。
マドロシア「このっ、半殺しで済ませてやってるってのに!!」

本は開かれていた。
いや、これは本ではない。
誰かのアーツなのだ。
光が番長を包む。
マドロシア「目眩ましなど…?」

光が解かれると、そこに人影が現れた。
その人影は、黒きドレスを纏った、いつかの勇姿であった。

千代「まったく、世話が焼ける姉貴分だなぁ。」

「愚者の弾丸」 EX.── とある海洋冒険家の手記

※これはおまけです。読まなくても特にストーリーに支障はありません。※

19XX年 7月22日

広い海、ただ一匹だけ、ひときわ巨大な鮫がいた。
鮫は、片目がつぶれていた。
近辺の港町の人々の話をきくと、その鮫は、金銀財宝や、可憐な乙女に目がなかったそうで、船に余分な贅沢品を乗せていると、たちまち襲ってきたそうだ。

自分は、その災厄ともよべるものを捕獲、および駆除するために、船を出した。
その結果は見事に成功。
腹を捌くと、今まで溜め込んだであろう金銀財宝が体の中に貯まっていた。

その金品は、町の人々に返還されたが、持ち主が見つからなかったものもあったため、のこりは報酬として自分に渡された。
しかし、自分も個人で動いているわけではないため、その金品は財団へ寄付することにした。

長く海を旅していれば、おかしな事にはよく出くわすが、この件はとりわけ奇妙だった。
とりあえず、この件は長引かずにすんだことだけは喜ぶべきだろう。
事象の終結をここに記し、報告する。

「愚者の弾丸」 EX.39 窮鼠猫を噛み、窮猫狼を噛む

麗「はぁ…。はぁ…。ようやく数が減ってきたな…。」
夕日が影を伸ばし始めた頃、エリオットは増殖力を弱めていた。
アリスの鮮やかな太刀筋のお陰もあり、なんとか難を逃れられる兆しが見え始めた。
だが、異変に気づいたのは、地平線に太陽が触れ始めた頃だった。
エリオットの中に、戦わない個体がいることに気がついたのだ。
先程までは、乱戦だった上に襲ってくる数が多く、そういった個体は、中庭から溢れて弾き出されていた。
だが、数が少なくなると、一方的にやられていたり、逃げたりしている個体が目立つようになったのだ。
いったいこれは何を意味しているのだろうか。
麗「ちょっとあつまれ。」
中庭の中心に、背中合わせになって3人が集まる。
アリス「お前もおかしいと思ったか。」
ミツクビ「これは明らかにおかしいニャン。」
あろうことか、息を切らせて壁にもたげる個体まで出始めた。
今まで勇猛果敢に剣を振るいあっていた兵士が、一転、逃げたり休んだりしている。
本体の指示なら、珍妙すぎる指示だ。
麗「俺が思うに、こいつらは本体の命令以外の何かに従っている。自動操縦なのは見てわかるが、本体の相手を見つけて倒すことが目的じゃないんだ。」
ミツクビ「わざと仲間割れして、わざと逃げる役と追いかけて殺す役…。わざと休む役…。もしかして、これは"お芝居"なんじゃないかニャ?」
アリス「…は?」
戦闘とはかけ離れた発言に、調子を乱される。
だが、彼女はいたって真面目だった。
ミツクビ「人間は、作り話…ふぁんたじー?とかそう言うのが好きな人がいるニャン。そういうのを、いろんな役割を演じて体と言葉を使って語る人がいて…。」
アリス「いや、そんなことは知っている。だが、それとこれとがどう関係するんだ。戦っている間に芝居をうっているなんて、訳がわからん。」
ミツクビ「んと…。えと…。」
もじもじと言葉を詰まらせる。
麗「つまり、これは"戦っている"のではなく、あくまで、"物語の1シーン"ってことだろ。」
ミツクビの尻尾と耳がぴくりと立つ。
ミツクビ「そう!!そうだニャン。さすが団長。」
アリス「ということは、物語自体が能力で、それにしたがって動いているということか。ならば、モチーフがわからなければな。ヒントになりそうなことは躊躇わず言ってくれ。」
太陽はもうほとんど沈んでおり、雲にグラデーションを作り出している。
麗「陽が沈み始めてから人数が減り始めた。昼夜に従っている可能性が高い。」
アリス「他には。」
ミツクビ「仲間割れするってことは裏切り者が出ただろうニャン。」
アリス「必死で裏切り者を探す、けど、夜になったら必ず終わる…か。」
顎に手を当てて、むむ、と考え込む。
アリス「いや、まてまて、そもそもこの物語はまだ終わっていないのだよな。」
ミツクビ「ミャー…。あれだけ必死で探してたのに、こんなにあっさり時間に従うなんて、"物語"っていうより"ゲームのルール"みたいだニャン…。」
麗はその言葉に反応した。
ちょうど、太陽が沈みきり、うっすらと残るグラデーションだけが明るさを持ちこたえさせている時であった。
麗「"人狼ゲーム"だ。」
ミツクビ「??」
アリス「人狼ゲーム…だと?それは、どういうものだ?」
麗「ざっくり言うと、数人集まって、一人の狼役と、のこる数人の村人役を用意して、狼は見つからないようにみんなを騙すんだ。昼時間に疑い掛けの押し問答をして、夜になったら多数決をするんだ。見つかったら狼は処刑。」
ミツクビ「見つからなかったら…?」
麗「狼に、村人が一人、喰われる。そうやって回数を重ねて、狼と村人がふたりきりになったら、狼の勝ちなんだ。」
アリス「今の状況に当てはめると、エリオットたちは日中、散々互いを疑って傷つけあった挙げ句、狼を見つけられず消え失せ───────」
ミツクビ「たべられる"村人"は───────」
麗「俺たちだ。」

獣の足音が聞こえる。
重く、大きな足音が聞こえる。
どしん、どしんと獲物を探している。
散々互いを疑って、疲れたヒトは無防備だ。
いい気味だ。今夜も腹は、満たされる。

「オオオォォォォォォオオオオン…。」
町中から、雄叫びが響いてくる。
3人は路地を抜けて町の中央へと飛び出すと、その姿はひときわ目を引いた。
巨大な人狼が、月明かりを迎えるように、天高く吼えていた。
野生を取り戻したその姿は、二足歩行の暴力そのもの。
その者が放つ力強さは、脳みそはおろか、回りの空気まで筋肉にしかねないものだ。
白銀の体毛がその身を包み、深紅の瞳が目の前の小さな獲物を捉えて離さない。
吐く息が白いのは、いかにその体を動かすのに熱量が要るかを物語っている。
ドン、と、唐突に隕石が落ちたような音を立て、その巨体がこちらへ走ってくる。
それが放つ気迫は、もはや恐怖を通り越し、痛みを与えてくる。
アリスとミツクビの中にある野生が、相手が高等なものであると理解させ、それゆえに屈伏してしまう。
ふたりの脚はガタガタと震え、泣くことも叫ぶこともできず、ただ下等な者として自然の摂理に従う瞬間を待っている。
だが、その場において、人間というものは勝機を探してしまうほど愚鈍だった。
その人間は、ふたりの手を引き、ありったけの暴風で屋根の上に飛び退く。
麗「何突っ立ってンだよ!!緊急事態だってんだ!!」
ミツクビ「だ、団長…。」
突進していた人狼は、鉄柱を刺すが如く踏みとどまる。
タイルは四方八方に弾け飛び、壁に当たったり窓ガラスを割ったりした。
悲鳴が上がり、本来の町の住人はバラバラと散り始める。
人狼は、そんな"外野"には目もくれない。
物語に加わっている"村人"は、赤き瞳が睨んでいる3人だけなのだ。
人狼と、一人の人間は睨みあう。
麗「かかってこいよ。ノロマ。」
幾つもの筋が人狼の回りを吹き抜ける。
それと同時に人狼は拳を振りかぶる。
麗「そこだッ!!」
人狼の周りに敷いた風のレールを滑走する。
そして、人狼の脇腹を掻っ捌く。
…つもりだった。
その剣は人狼の毛を少し削いだだけで、恐ろしく固いその肌や筋肉を削ることすら出来なかったのだ。
人狼は、それを予期していたのか、拳を前ではなく後ろへ振るった。
麗はそれを避けられず、屋根に拳ごと打ち付けられる。
ミツクビ「団長ォ~~~~~~ッ!!」
アリス「この野郎ォ~~ッ!!」
アリスは屋根を蹴って飛び出していた。
だが、乱心でとった行動になど、成果が伴う訳がない。
人狼はいとも容易くアリスをキャッチした。
ミツクビ「──────────ッ!!」
絶句する。
風のレールで軌道を変えられる麗に対して、直線状にしか飛べないアリスなど、キャッチボールと大差無いのだ。
アリス「ア゛エ゛ア゛ア゛ア゛ア゛ァ゛ェ゛ァ゛ァ゛ェ゛ァ゛ァ゛ァ゛ァ゛ア゛ア゛ア゛!!」
悲痛な叫び声を上げ、メキメキと握り潰されるアリス。
アリス「ア……ッハ!!」
肺から空気を抜かれ、声すら上げられなくなる。
人狼は大口を開け、その餌を受け入れる準備をする。
上を向き、その口の上にアリスを持ち上げる。
あとは手を広げるだけ。
抵抗する余裕も与えられず、涙だけが命乞いをしていた。
もう少しで落ちんとしたその時、大きな剣が人狼の手に当たり、アリスは僅かに口からそれた人狼の左肩に当たって、タイルの剥げた地面に投げ出される。
…麗は、屋根にめり込んだまま、剣だけを飛ばしたのだ。
ミツクビ「団長…?」
麗が、なんの意味もなくそんなことをするはずがなかった。
麗は、ミツクビを…いや、ミツクビの後ろを指差しているのが、小さく見えた。
ミツクビ(みんなを連れて逃げろって…?
いや、違う。これは何かのヒントニャン…。)
一度麗の方を見る人狼だったが、先程の攻撃が最後の抵抗だということを確信すると、ミツクビに向き直った。
ミツクビ(番長ちゃんならねじ切ってしまえば殺せるけど、戦えないニャン。ダーリンは水源がないと力そこそこだし、マリンは下手に無防備な状態でさらしたら、第三者に連れ去られる可能性もある…。ブリンクおじいさんは……!!)
その瞳が人狼と交わされるとき、すべてを理解した。
ミツクビ「団長の言いたいことがわかったニャウ。仲間を連れていくんじゃなくて、仲間を信じろってことニャン!!」
ミツクビは中庭に飛び退く。
ミツクビ「ミィは今、振り向く」
人狼は吼え、飛び上がる。
ミツクビ「迷うためではなく」
ミツクビは不自然にきれいなタイルのそばに立つ。
ミツクビ「いつでも共に戦っていると、信じるために!!」
人狼はミツクビを踏み潰さんと落下してくる。
その白銀の流星を、紙一重でかわす。
人狼は両足で力強く着地する。
すると、地面に亀裂が入り始め、人狼はバランスを崩した。
ミツクビは、隙だらけの喉元めがけて飛びかかる。
ミツクビ「ッシャァァァァアアア!!」
ありったけの力で、喉元を横に薙ぐ。
さすがの人狼も、斬首刑にかけられれば死あるのみ。
人狼の巨影は霧散し、首を掻き切られたエリオット本体が虚しく宙に投げ出された。
大穴の中へ落ちると、ミツクビはその死体を穴から投げ出した。
ミツクビ「邪魔くさいニャッ」
すると、瓦礫の中から声が聞こえる。
サクリファイス&番長「せーのっ!!」
瓦礫の壁が蹴破られ、中から仲間の姿が現れた。
ブリンクが、人狼が落ちてくる前に、地響きがしていた時点で蔦の壁でシェルターを作っていたため、無事だったのだ。
サクリファイス&番長「殺す気か~~ッ!!」
威勢のいい声が夜の町にこだまする。
ミツクビ「もちろんあのデカブツだけを殺す気だったニャン。」
マリン「…ふたりは?」
ミツクビ「ッ!!そうだニャン!!早く来てニャッ!!」
切羽詰まっていることを表情で読み取り、ふたりの元へ急いだ。

状態を見た番長の行動は早かった。
番長はサクリファイスとブリンクに応急処置をさせて、ミツクビにはマリンの監視、そして、自身は医者の捜索に当たった。
サクリファイス「団長ッ、お前って奴は…。無茶しやがって…。」
麗「でも、勝ったじゃねえか。」
番長「医者が見つかった!!幸いクリスタルの備蓄もあるみたいだ。」
ブリンク「よかったです…。早急に手当てを。」
アリスは既に気を失っており、復活不能かと思われたが、鍛え上げられていたお陰で、一命を取り留めていた。
医者は老いているためか、おぼつかない足取りで近付く。
医者「ワシは老いに誇りを持っておるぞ~。
死しても尚、この姿を望むことからもわかっていただけるじゃろ~。」
長話を始めるものの、傷それぞれの再生が可能かどうか、達人の手つきで診ている。
医者「本当はクリスタルなんそ甘えじゃ甘え。ワシの手にかかればちょちょちょちょ~いじゃて。年をとる度に周りに人が増えて行く人生は…」
番長は治療が終わった瞬間を見極め、一言二言口を挟んで武勇伝が垂れ流されるのを阻止した。
医者「そんなきれいなお嬢さんは久し振りに診たぞ~。べっぴんさんなんだから、体は大事にするんじゃぞ~。」
そう言うと、でこぼこになった道につまづきそうになりながら去っていったのだった。

アリス「…ン。」
番長「お目覚めか?」
瓦礫をどけた大穴のベッドの上にふたりをしばらく寝せていた。
昨晩の事件のせいで町は大騒ぎのため、仕方なくここを選んだのだ。
ブリンクたちは、中庭へ人が入らぬように、陥没して危険だと説明して押し返している。
アリス「…。」
アリスは、助かったことへの喜びよりも、自分が集めてきたものが瓦礫に埋もれてしまったショックの方が大きいようだ。
番長「せっかく共同戦線のよしみで助けてやったって言うのにそんな顔をするんじゃねぇ。」
アリスの額をぺちと叩く。
アリス「せめてドレスだけでも…。」
番長「じゃあ、人の姿でいなければいいじゃないか。お前、元は人間じゃないんだろ?」
アリスはまた暗い顔になる。
アリス「美しくない自分など嫌いだ。」
はぁ、と大きなため息をつく。
番長「消えた方がよかったか。」
アリス「意地悪め。」
アリスは暗い顔を変えず、そのまま言葉を続ける。
アリス「本当は貴女についていきたい。
だが、貴女はいずれ生き返ってしまうのだろう。」
番長はもちろんと頷く。
アリス「アタシはきっと泣くだろう。でもアタシは二度と泣きたくない。
乙女の涙は宝石と言う者がいた。だが、アタシにとっては醜いのだ。」
番長「で、結局どうするんだ?」
アリス「アタシは海へ帰るよ。お前ほど美しい乙女との別れは惜しくてたまらんが、やむを得まい。」
アリスは起き上がり、空を仰ぐ。
番長「実を言うとな、私もお前を連れて行きたかった。だけど、それは戦力を考えてのことだ。お前の為ではないから、勘違いはするなよ。」
アリスは皮肉げに笑いながら、
アリス「わかっておるわ。」
と、答えた。

この大陸に着いたときにいた海岸を訪れた。
アリス「クライネへの復讐は果たされた。これで共同戦線は終いだ。」
海を背にし、語りかける。
向かい合って立つ一同は頷く。
アリス「まぁ、正直に言うと、コッパの奴にも一泡ふかせてやりたいが、それはお前らに任せるよ。」
サクリファイス「なんだよ、ついてくればいいじゃないか。」
空気の読めない発言に、あらぬガンを飛ばされる。
アリス「すまないな。アタシはお前らの仲間ではない。」
サクリファイス「…。」
アリス「果ての願いが違うなら、いつかぶつかり合ってしまう。矛盾を赦せ。」
サクリファイス「あぁ…。」
アリスは海へと向く。
アリス「では、さらばだ。
アタシは、死んでよかったと思ったよ。」
番長「アリス。」
海へと歩み出そうとする彼女の背中に、声をかける。
アリス「なんだ、別れが惜しくなるではないか。」
振り向かずに、そう返す。
番長「アリス。お前はもう、敵ではない。」
アリスは誰も見ていない頬を吊り上げる。
その頬を、涙が撫でてゆく。
アリス「泣かせてくれるな。お前は、敵でなくては面白くないだろう。」
アリスはそう言って走りだし、高く跳んだ。
体はトランスしていき、鮫の姿になる。
鮫は、美しいアーチを描くと飛沫をあげて海へと溶けていった。
番長「こんなに潔いのに、美しくないなどとよくいったもんだ。」
一同は、もう用はない筈なのに、輝く水平線を眺めながら、繰り返す潮騒をいつまでも聞いていた。